萌黄色(もえぎいろ)〜美しき色名の世界vol.27

2019年2月10日(日)19:30

今日も相変わらず夫はインフルでダウン・・・
私は、セミナーの準備に、デザイン学校での講義に・・・と大忙し。
猫の手も借りたいこう言うときは、ビタミンカラーでエナジーチャージ。
昨日はイチゴをたくさん食べたので、
今日はたっぷりのキウイをヨーグルトとともに。

昨日のコラム
http://www.cocolor.biz/column/苺色(いちごいろ)〜美しき色名の世界vol-26/

キウイグリーンは、日本の伝統色名でいうと、萌黄色に似ています。
今日はそんなお話。

萌黄色(もえぎいろ)つよい黄緑

春に芽吹く若葉のような黄緑色を表す伝統的な色名。
萌葱とも萌木とも書き、
萌え出る葱の芽の色からきた色名とも言われています。
平安時代以来、新鮮さ若々しさを象徴する黄緑色の代表的な色名だったので、
今後とものちの世代に伝えていきたい色名の一つです。

色って、見ているだけで、やっぱり元気が出ますね。
お薬を飲むのも良いですが、
体調や気分がすぐれない時ほど
自分の好きな色を見て、元気をもらってみてはいかがでしょうか。

COCOLOR(ココカラー)代表 都外川八恵

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事