同じ配色でも、位置と面積比でイメージは大きく変わる。

2019年4月11日(木)7:30
〜Violet都外川のスタイリングレッスンvo.125

今日は、ファッションアイテムを持ってくる
位置(Position)面積(Volume)のお話。
画像はMILLEPORTEさんからお借りしました。

ファッションは、素材。(デザインの三要素)
加えて、用いる位置面積比です。

似合うもの顔まわりに、
似合わないもの顔まわりから遠ざけて

似合うもの大面積に。
似合わないもの小面積に。

これが原理原則です。
至ってシンプルです。

ですが、
たとえ似合わない色大面積のジャケットだとしても、
似合う色をインナーでもいいから持ってきて、
小面積だとしても覗かせた方がいいです。

また、
暗い色引き締まって見え、
明るい色膨張して見えます。これも鉄則。

でも、
暗い色が似合わない人は、色と一緒に暗い印象になり、
明るい色が似合わない人は、色と一緒に印象がボケてしまいます。

不思議ですね。

やはり、いくら原理原則鉄則を知っていたとしても、
似合うものを知って、似合わないものも知って、

似合わないものを、似合わせるようなテクニックを使えばいいのです。

素材を知らずして、料理ができないのと同じように、
自分を知らずして、スタイリングはあり得ませんね。

「自分」がどのような「素材」なのか分からない方は、
COCOLORの個別診断へどうぞ。
マンツーマン一生モノのコンサルをご提供します。

http://www.cocolor.biz/service/individual/

あなたのセンスを、自身のあるセンスに。
経営者のブランディングでしたら、お任せください。

すべてはあなた自身あなたの未来のために。

経営者を色で強運体質にする
ロジカルスタイリング&カラーブランディングコンサルタント
COCOLOR代表
都外川八恵

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事