若芽色(わかめいろ)若苗色(わかなえいろ)〜美しき色名の世界vol.56

2019年3月13日(水)19:30

今日はとってもいいお天気!
新緑が美しい季節になりますね!

今日はそんなフレッシュなイメージを表す、
日本の伝統色のご紹介をします。

若芽色(わかめいろ)

若芽のようなソフトな黄緑
英名ではスプロウト(sprout)があり、
フランス名ではブールジョン(bourgeon)と言います。



若苗色
(わかなえいろ)

稲の若苗のような色。
春の七草のイメージから若葉色の名もあります。
英名のシャルトルーズグリーン(chartreuse green)
がこれにあたります。
これはフランスやスペインの修道士が作った
リキュール酒の色からきています。

」とつく色名は、フレッシュ若いイメージになります。
明るく淡くやわらかな色調です。

若者
フレッシャーズ

とも言いますものね。
この色たちから、文字通り「若さ」をいただけます。

上記は一般論ですが、
人によって異なる「アンチエイジングカラー」というのも
バースカラーの統計学から出すこともできますよ。

バースカラーについてはこちらのページの一番下をご覧ください。
http://www.cocolor.biz/service/individual/

経営者を色で強運体質にする
ロジカルスタイリング&カラーブランディングコンサルタント
COCOLOR代表
都外川八恵

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事