類々似た者どうし〜類似色相配色

2018年11月9日(金)7:30
〜都外川先生の色彩学レッスンvol.16

今年ももう11月!
ハロウィンが終わると、一気にクリスマス年末モードですね。

クリスマスリースも出始め、今年はどれにしようかナ〜?
とウィンドーショッピングで楽しみながら見定めているところです。

最近は、クリスマス時期赤と緑のリース、といった定番組合せ以外にも、
日頃から玄関リースを楽しめる風潮ですよね。

我が家の外観は、
夫のリラックスカラーであるネイビーブルー
テーマカラーとしてポイントにあしらっているので、
普段使いにはこんなのも素敵かなと思っています。
⬇︎

これは色相差が2〜3ある「類似色相配色

色相番号で言うと
19番」の「Purplish Blue」 の「紫みの青」と
16番」の「Greenish Blue」 の「緑みの青」のあたりです。

   

類似色相配色」は、
全体的に統一感がありながらも、
多少の変化を感じさせることができるので、

まとまりながらも、なかなか飽きさせない
ココロニクイ配色となりやすいです。

まさに、「統一と変化のバランス」ですね。

COCOLOR(ココカラー)代表 都外川八恵

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事