色相がまとまっている〜同一色相配色・隣接色相配色・ドミナントカラー配色

2018年11月8日(木)7:30
〜都外川先生の色彩学レッスンvol.15

今日は、結婚10周年
ちょうど10年前の8/8に入籍して、その1年後の11月8日
私たち夫婦は知人の営むウエディング会場で挙式しました。
入籍から10年、挙式から9年、早いなあ・・・

私たち夫婦の結婚式のテーマカラーはワインレッド
大人っぽい雰囲気でまとめました。

お色直しはしなかった代わりに、
2wayのドレスで、皆さんの前で公開お色直し

皆様の前でデコルテのレースを取り、
ヴェールを取り、
ティアラを取り、
ティアードたっぷりのトレーンを取り、
マーメイドラインのすっきりドレスに。

アクセサリーワインレッドに変え、
ヒールワインレッドに変え、
ティアラからワインレッドお花の髪飾りにし、
ワインレッドブーケを持ちました。

新郎もそれに合わせて、
シャツタイチーフブートニアワインレッドに。

まさにイメージはこんな感じ。

色相が全く同じ、同一色相配色
色相が隣になると、隣接色相配色
いずれも別名、ドミナントカラー配色

ワインレッドは、色相番号で言うと
24番」の「Red Purple」 の「赤紫」か
1番」の「Purplish Red」 の「紫みの赤」のあたりです。

  

色相を統一すると、会場に統一感が生まれます。
色相に差がない分、素材感の違いに目が行きます。
逆に素材感の違いが生きてきます。
そのため、陰影立体感も生まれます。

色相差が「ゼロ」が同一色相配色
色相差が「イチ」が隣接色相配色

今日はまた「ゼロ」に戻ったつもりで
夫婦でまた「イチ」から頑張ろう(笑)

COCOLOR(ココカラー )都外川八恵

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事